文明と共に伝わる印鑑の歴史

印鑑イメージ

印鑑の起源はとても古く、最古は5000年前の古代メソポタミアだと言われています。
また、中国では約3500年ほど前に、漢字の原型が発生すると時を同じくしてすでに印鑑が生まれたと伝えられています。
歴史的資料によって明確にされているところでは、約2300年前の秦の時代、中国の統一を果たした始皇帝が、地方ごとに異なっていた文字の統一を行い、官印の制度が取り入れらたことで印鑑が広く使われるようになったのだとか。

そして、それは形を少しずつ変化させながら現在に至り、昨今のものに近づいていったようです。
では、日本の印鑑の歴史はどのようになっているのでしょうか。
日本に現存する最古の印は、とても有名です。
皆さんが一度は教科書で画像を目にしたことのある「漢倭奴国王」の金印がそうですね。
これは1784年、九州の志賀島で発見されたもので、中国の皇帝が西暦57年頃に日本へ送ったものだという記録が残されています。

そんな日本で初めて印鑑が使われるようになったのは、大化改新のあとからになります。
遣隋使によって持ち込まれた印鑑を使い、数多くの律令が制定された701年だとされています。
平安時代に移り、貴族が私印を使用するようになると、鎌倉時代、室町時代、桃山時代と文化が発展するごとに武将は権力を表すために印鑑を利用し始めました。

また、文人や僧侶が絵画や歌をしたためる際にも用いられていき、現代の日本独特の印鑑文化が形成されていったと見られています。

ページの先頭へ