日本での印鑑の普及

印鑑イメージ

日本での印鑑の歴史を詳しく紐解いてみましょう。
中国からもたらされた印鑑は、戦国時代にはさまざまな武将が独自のものを使うようになりました。
織田信長は「天下布武」、豊臣秀吉は「豊臣」、徳川家康は「福徳」といった印鑑を使っていたそうです。
武田信玄や上杉謙信、北条氏が印鑑を所持していたことも知られていることから、この時代の権力者のステータスシンボルだったのではないかと考えられています。

江戸時代に入ると印鑑は庶民の間にも広く普及し始めました。
農民の管理にも印鑑が活躍していたとだとか。
その理由は、農民に字が書けない人が多かったため。
江戸時代が終わって明治時代に突入すると、印鑑は国の規定に従って管理・使用されるようになります。
しかし、このような印鑑文化が現在も色濃く残っているのは、日本を含めた東洋などに限られてきました。

欧米諸国で印鑑を押す習慣がないのはなぜでしょうか。
憶測ですが、まず一つに考えられるのが、サインの容易さではないでしょうか。
アルファベットでサラサラッとサインをするのと、一画一画を漢字でサインするのとでは、かかる時間に差が生じます。
また、欧米諸国だと印面に彫る文字数が多くなり、印鑑が大きくなってしまうのも要因となっているようです。

日本人や中国人の姓が多くても三文字程度に対し、欧米諸国では十文字という場合も決して珍しくはありません。
そのため、日本在住の外国人が不動産を所有したり、賃貸契約を結ぶような重要な場合でも、印鑑ではなくサインが一般的なようです。

ページの先頭へ